採用・退職時の手続、家族を扶養に入れる手続、出産・育児休業時の手当、育児休業時の社会保険手続き、病気療養時の手当等の相談サイトです。

出産手当金

出産手当金出産手当金支給申請書記入例はこちら

もらえる人

  • 健康保険からもらえるものです。女性のみが対象です。
    • 被保険者本人だけがもらえます。
    • 被扶養者はもらえません。
      • 例:親に養われている子・孫・親の兄弟姉妹等はもらえません。

どういうときにもらえるか?

  • 被保険者が出産の為、会社を休み、会社から給料を全然もらえなかったとき、又は、給料をもらっていても、出産手当金の額より少ないときにもらえます。
  • 社長も会社役員ももらえます。

死産・流産・早産・人口妊娠中絶ではもらえるか?

  • 死産・流産・早産・人口妊娠中絶でも出産手当金はもらえます。出産育児一時金も同様に、死産・流産・早産・人口妊娠中絶の場合でも、もらえます。

出産手当金の額

  • 働かなかった日・1日につき、標準報酬日額の3分の2(月給を30で割って出した日額の3分の2が大体の目安です)です。出産以前42日(多胎妊娠の場合には、98日)分+出産後58日分についてもらえます。
    • 例:給料35万円の場合=標準報酬月額は36万円
      360,000円÷30=12,000円(標準報酬日額)
      12,000円×2/3=8,000円が1日につきもらえます。
      出産以前42日+産後56日=98日
      98日×8,000円=784,000円 この額がもらえます。
    • 給料が一部出る場合
      給料が少し貰える場合
      この状態が出産以前42日・出産後56日すべて続くと、
      3,000円×98日=294,000円→出産手当金の総額。
    • 給料が出産手当金よりも多い場合=出産手当金は貰えません。
      給料>出産手当金
      この状態が出産以前42日・出産後56日すべて続くと、
      0円×98日=0円→出産手当金は1円ももらえません。
    • 出産手当金傷病手当金と同様に、一日毎に判断されますので、給与の一部が出産手当金支給対象期間中に支払われる場合には、給与明細の合計を確認して、労働1日当たりの単価を明確にして、協会けんぽ(健康保険組合)に提出しなければなりません。

もらえる期間

  • 出産日(帝王切開日)以前42日(多胎妊娠の場合には98日)と出産日後56日間で労務に服さなかった期間。
    ※出産日(帝王切開日)は出産日以前に含まれます。
    • 産後の56日間は原則労働禁止です。しかし、出産日(帝王切開日)以前42日間(多胎妊娠の場合には、98日間)の期間について、は労務に服さなければ出産手当金はもらえます。傷病手当金の様に労務不能である必要はありません。ですから、出産前は、無理をせずに休んだ方が得です。
      ※出産日後42日が経過し、本人が働きたい意欲があり、医師の許可がもらえれば、出産後43日目から働くことは可能です。OKです。
  • イメージ図
    出産手当金がもらえる期間

  • 出産が予定日よりも遅れた場合
     出産日以前42日(多胎妊娠の場合には98日)と出産日後56日間で労務に服さなかった期間の分がもらえます。各労働者の法定休日・日曜・祝祭日等でも、上記の条件を満たしていれば、もらえます。実際の出産が出産予定日よりも遅れてしまった場合には、その遅れた期間についても出産手当金が加算されます。たとえ3日間出産が遅れてしまった場合でも、産後休業の分である56日間が3日分減らされて、出産手当金が53日分になるわけではありません。産後休業分は56日分の出産手当金がもらえます。

    出産が予定日よりも遅れた場合

  • 出産が予定日よりも早くなった場合
     出産予定日よりも早く出産してしまった場合には、その早くなった分はもらえません。そして、その早まった分が産後休業に加算されるわけではありません。


    予定日よりも早く出産した場合
  • 双子を出産した場合
     双子を出産した場合で、例として、最初の子が5月10日、二番目の子が5月11日の場合には、二番目の子を基準として、5月12日~7月6日までの56日間について、、産後休業として出産手当金がもらえます。

出産手当金出産育児一時金の違い

 出産手当金出産育児一時金
一児につき42万円
双子なら、84万円
三つ子なら126万円)
被保険者本人もらえるもらえる
被扶養者(家族)もらえないもらえる

※産科医療制度に加入していない医療機関の場合には、一児につき39万円です。

帝王切開の場合

帝王切開の場合には、高額療養費をもらえる場合があります。

出産手当金傷病手当金を同時にもらえるとき

 この場合には、出産手当金が優先します。その間、傷病手当金はストップします。両方同時にもらえるわけではありません。しかし、出産手当金をもらい終わってもまだ、傷病手当金の受給要件を満たしている場合には、傷病手当金支給の日より1年6ヶ月を限度に、傷病手当金がもらえます。
出産手当金と傷病手当金の調整

出産手当金の手続き

出産手当金支給申請書

出産手当金支給申請書記入例

添付書類

  • 出産のために働くことができなかった期間分の賃金台帳(コピー)
    +その期間前1ヶ月分の賃金台帳(コピー)
  • 出産のために働くことができなかった期間分の出勤簿(コピー)又はタイムカードのコピー
    +その期間前1ヶ月分の出勤簿(コピー)又はタイムカードのコピー
  • 役員が出産手当金を申請するときは、「役員も休業する場合には、役員報酬を減額又は不支給とする」旨を記した役員会の議事録

出産とは?

  • 健康保険法でいう出産とは妊娠85日(4ヶ月)以後の早産・死産・流産・人口妊娠中絶をいいます。
  • 帝王切開等の分娩については、療養の給付(病院での治療)の他に、高額療養費出産手当金出産育児一時金の対象ともなります。
  • 業務上の災害・又は通勤途中の災害で早産・流産した場合には、妊娠4ヶ月以上(85日以上)であれば、たとえ労災保険から補償をうけたとしても、健康保険から出産育児一時金がもらえます。
  • 出産手当金出産育児一時金を支給する目的は、母体の保護にあるので、父の不明な私生児の場合でも、出産手当金出産育児一時金は、もらえます。
  • 正常な分娩や経済上の理由による人口妊娠中絶の場合には、健康保険から療養の給付をうけることはできません。≒病気の治療とはみなされません。
    しかし、出産手当金出産育児一時金は条件をクリアーすればもらえます(妊娠85日以上etc.)。

資格喪失後の給付

  • 1年以上継続して被保険者だった人(任意継続被保険者の期間は含みません)で、資格を喪失するときに既に出産手当金をもらっていた人、又はもらう権利はあったが出産手当金以上の給与をもらっていた為に出産手当金の支給がストップされていた人は、資格喪失後も期間満了まで出産手当金をもらえます。
    詳しくは、「資格喪失後の給付」をご参照下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional