採用・退職時の手続、家族を扶養に入れる手続、出産・育児休業時の手当、育児休業時の社会保険手続き、病気療養時の手当等の相談サイトです。

出産費用の貸付制度

出産費用の貸付制度

対象となる方

  • 原則、出産予定日まで1ヶ月以内の方(被保険者・被扶養者どちらでもOK)
    • 出産予定日の1ヶ月よりも前(例・出産予定日前2ヶ月)でも、一時金を病院に納付する制度の場合には、そのことが記されている病院のパンフレット等を添付すればOK.
  • 妊娠4ヶ月以上(85日以上)の方で、病院等に金銭の一時的な支払いを要する方

もらえる額

  • 1万円単位で、最大33万円が限度額です。=出産育児一時金の8割まで。
    420,000円×0.8=336,000円 ⇒1万円単位なので、MAX330,000円

貸付金に対する利子

  • 無利子です。

申請先

提出書類

  • 母子健康手帳のコピー(出産前の場合には、出産予定証明書)
  • 健康保険証のコピー
    • 被扶養者(家族)が借りるときは、被保険者と被扶養者の保険証のコピー
  • 病院の診察券のコピー
  • 出産費貸付金貸付申込書
  • 記載例はこちらをクリック
    • 金額・金融口座等の記入をします。
  • 出産費貸付金借用書
  • 医療機関(病院等)が発行した出産費用の請求書・レセプト等
    出産予定日まで1ヶ月以内上記の請求書・レセプト等は不要です。
    出産予定日まで、1ヶ月超の期間がある。(例:妊娠30週~妊娠35週)・病院からの請求書
    ・病院から出産費用を請求されていることを証明する書類。
    例:妊娠34週までに50万円納付の制度がある病院では、そのことが説明されているパンフレット等。
  • 出産育児一時金支給申請書
  • 出産育児一時金支給申請書記入例
  • その他 都道府県によっては委任状が必要となる場合もあります。各都道府県の健康保険協会にご確認下さい.
  • 出産育児一時金の受取は、全国社会保険協会連合会に委任しますので、請求書の委任状の欄に記名押印します。
    出産育児一時金の受領を全国社会保険協会連合会(全社連)に委任し、支給された出産育児一時金の一部を貸付金返済に充てます。その結果、生じた残金を精算金としてご指定の口座に振込みするというものです。
    わかりやすく言いますと、
    42万円のうち33万円を差し引かれて、残った9万円が後で申請者の口座に振り込まれるわけです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional