採用・退職時の手続、家族を扶養に入れる手続、出産・育児休業時の手当、育児休業時の社会保険手続き、病気療養時の手当等の相談サイトです。

社員が65歳になった場合

社員が65歳になった場合

60歳未満の被扶養配偶者がいる場合

配偶者は国民年金・第3号被保険者ではなくなります。

事業主さんは、従業員さんにアドバイスをしてあげて下さい。

  • 社員が65歳になって、老齢基礎年金・老齢厚生年金の受給権を取得すると、社員は、国民年金の第2号被保険者ではなくなります。
    • 社員は厚生年金についてはそのまま70歳まで加入し、厚生年金保険料が給与から天引きされます。※社員は65歳になると国民年金だけ抜けます。
  • 第2号被保険者に扶養されている配偶者が第3号被保険者ですので、社員が第2号被保険者でなくなると、20歳以上60歳未満の被扶養配偶者は第3号被保険者ではなく、第1号被保険者となります。
  • この場合には、住所地の市区町村役所・役場で第1号被保険者の手続(種別変更)をします。手続をするのは、被扶養配偶者本人です。事業主ではありません。
    • 一般的な例
      夫が65歳になり、会社に勤務し続けている場合で、妻が60歳未満の場合。
      • 妻は、60歳まで国民年金・第1号被保険者となります。60歳以降は、任意で65歳まで国民年金に加入することができます(将来の年金額を増やすため)。
      • また、60歳以降会社勤めをした場合には、国民年金の第2号被保険者(65歳になるまで)・厚生年金被保険者となります。

社員が、65歳以降も厚生年金に加入している場合

厚生年金保険料は変更ありません。

  • 社員さんが、65歳以降も厚生年金に加入し続けている場合で、給与がほとんど変わらない場合、厚生年金保険料も変わりません。
    • 標準報酬月額に変更があれば厚生年金保険料も変更します。
  • 被扶養配偶者が第3号被保険者でなくなっても、標準報酬月額に変更がなければ、厚生年金保険料も変更ありません。
  • 厚生年金は、条件を満たせば、原則、70歳まで加入します。
    • 70歳になっても年金受給権を得ることができない従業員さんには、特例で、年金受給権を得るまで(年齢無制限・法律上は90歳でも100歳でも可能)厚生年金に加入できる制度があります(高齢任意加入)。

配偶者の医療保険は変更無しです。

  • 社員本人が65歳になり、配偶者が20歳以上60歳未満の場合
    • 被保険者本人(社員さん本人)が65歳になると、被保険者本人は国民年金第2号被保険者でなくなるために(社員さんは65歳以降70歳までの期間については厚生年金だけに加入します)、配偶者は国民年金・第3号被保険者でなくなります。よって、20歳以上60歳未満の配偶者は国民年金保険料(第1号被保険者)を払わねばならなくなります。
       しかし、健康保険(医療保険)については、そのまま被扶養者としていられるので、20歳以上60歳未満の配偶者の医療保険については引き続きそのまま保険料は「0円」となります(社員又は配偶者が75歳になるまで)。
  • 社員本人が65歳になり、配偶者が60歳以上の場合
    • 被保険者本人(社員さん本人)が65歳未満でも、被保険者本人(社員さん本人)が65歳以上でも、配偶者が60歳以上になれば、国民年金第3号被保険者でなくなります。したがいまして、配偶者は国民年金への加入義務は無くなります(任意加入はできます=国民年金第1号被保険者となります)。
       しかし、健康保険(医療保険)については、そのまま被扶養者としていられるので、医療保険については引き続きそのまま保険料は「0円」となります(社員又は配偶者が75歳になるまで)。

介護保険料の給与からの天引きがなくなります。

65歳以降の介護保険料は年金から天引きされます。

  • 社員が65歳になると、それまで給与から天引きされていた介護保険料は給与からは天引きされなくなります。
    • 65歳に達した月の分からの介護保険料が給与からの天引き中止となります。
      • 例:10月10日が誕生日の社員=10月9日に65歳になります(誕生日の前日に年齢が1歳加算されます。:「年齢計算に関する法律」)。⇒10月分の介護保険料は給与からは天引きされません。しかし、健康保険・厚生年金保険・介護保険の場合には当月分の保険料は翌月支払の給与から控除するというのが原則です。よって、10月分の介護保険料については11月中に支払われる給与からの天引きが無くなります。⇒ 10月中に支払われる給与からは介護保険料(9月分=64歳時分)は天引きされます。
        「1日が誕生日の人は注意!!」
      • 例:10月1日が誕生日の社員=9月30日に65歳になります(誕生日の前日に年齢が1歳加算されます。:「年齢計算に関する法律」)。⇒9月分の介護保険料は給与からは天引きされません。しかし、健康保険・厚生年金保険・介護保険の場合には当月分の保険料は翌月支払の給与から控除するというのが原則です。よって、9月分の介護保険料については10月中に支払われる給与からの天引きが無くなります。⇒ 9月中に支払われる給与からは介護保険料(8月分=64歳時分)は天引きされます。
        • 65歳到達月に支払われる賞与についての介護保険料
          • 賞与に対する健康保険料・厚生年金保険料・介護保険料は支払った賞与からその保険料を控除します。賞与の場合には給与と異なり、支払った月の賞与そのものから健康保険料・厚生年金保険料・介護保険料を控除します。
            • 8月1日が誕生日の社員:7月10日が賞与支払日
              この場合は誕生日の前日である7月31日に65歳になっているので、7月10日に支払われた賞与からは介護保険料は控除(天引き)しません。
            • 8月2日が誕生日の社員:7月10日が賞与支払日
              この場合は誕生日の前日である8月1日に65歳に達するので7月31日までは64歳です。よって、7月10日に支払われた賞与からは介護保険料は控除(天引き)します。

65歳からは年金から介護保険料が天引きされます。

  • しかし、65歳になった当初は市区役所・町村役場から送られてくる納付書や口座振替を使っての介護保険料納付となります。
  • 介護保険料の年金からの天引きが開始されるのは、65歳到達年度の翌年度の4月・6月・8月・10月(誕生月により異なる)からとなります。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional